幻のネオ・トウキョウ: “夢の港湾都市” /千葉

幻のネオ・トウキョウ:発掘、核利用の工事計画/1 “夢の港湾都市” /千葉

毎日新聞 8月15日(水)10時53分配信

◇鋸山崩し埋め立てに 高度成長期迎え経済性優先
戦争による荒廃から立ち直り、高度成長が始まった1950年代後半、東京湾の3分の2を埋め立てて新たな大都市「ネオ・トウキョウ」を作る計画が浮上していた。

計画は政財学界の有力者からなる民間シンクタンクによる政府への提言に結び付き、戦後の千葉県の経済成長を支えた湾岸開発の青写真のひとつとなったが、国際的な元銀行マンで、住宅公団総裁を経て、62年に県知事になる加納久朗(ひさあきら)(1886〜1963年)はこの提言を取りまとめる際、提言本文とは別に、驚くべき提案をしていた。

「核爆発で鋸山(のこぎりやま)(鋸南町・富津市境)を崩し、その土砂で埋め立てる」。社会が原子力とどのように向き合うべきか、さまざまな議論が続くこの夏。現在では信じがたい「幻の東京湾開発」の背景を訪ね歩いた。

■ □ □

1959年7月29日、電力事業家の松永安左エ門(やすざえもん)(1875〜1971年)が主宰した民間シンクタンク「産業計画会議」は7番目の政策提言として「東京湾2億坪埋立についての勧告」を発表した。
松永は東邦電力(中部電力などの前身)社長などを歴任し、東京電力を含む9電力体制の基礎を築くなど、物おじしない生き方で「電力の鬼」と呼ばれた。

56年に各界の有力者を集めた産業計画会議を設立。5年前に創設した電力中央研究所に事務局を置き、国土開発やエネルギー、運輸政策など16の提言を行った。メンバーは、提言の翌60年に首相となる池田勇人、後に新日鉄会長となる永野重雄、吉田茂側近の白洲次郎、東大学長の茅誠司などそうそうたる顔ぶれだ。

「日本の工業の支柱となる東京の工業敷地問題も、拡大する住宅問題も交通問題も、東京湾の大規模な埋立によって解決し得る」
付属資料を含め94ページの提言は、埋め立てが産業や人口の一極集中が進む首都圏の需要に応える意義を強調する。

55年の東京湾周辺の人口は約870万人で現在の1都2県(千葉、東京、神奈川)の3分の1程度。大都市への人口集中の加速は止まらず、工場用地や住宅の不足についての危機感が強かった。少子高齢化で、埋め立て地の未利用地が問題になっている50年後の現在とは全く逆の発想が求められていたのだ。

■ ■ □

「ネオ・トウキョウ」の完成予想図がある。主な埋め立て対象は、東京湾アクアラインを思わせる千葉と神奈川を結ぶ横断道路の千葉側ほぼ全域計約6億平方メートルで、湾全体の約3分の2。水深が比較的浅い約4億平方メートルを15〜20年程度かけて、先行埋め立てする計画だった。

横浜、東京のほか、巨大な水路を確保した千葉の各港は国際貿易港となり、湾中央部には巨大空港を建設。動物園、ゴルフ場などのレクリエーション施設や広大な緑地帯の設置も検討。政府と民間が共同出資する特殊会社が主体となり、事業推進のため、新法の法制化も求めていた。

提言は「決して『夢物語』ではない。平和国家『日本』の発展のために必要であり、実行できること」と訴えるが、総事業費は約3兆8000億円。消費者物価指数に基づき現代に換算すると、約20兆円にもなる。「もはや戦後ではない」という言葉が流行語になってからまだ3年程度。節約が必然だった時代に、埋め立てに使う土砂の採取方法について、同会議の一部メンバーがあるアイデアを検討していた。

■ ■ ■

「鋸山の場合には、従来の爆破方法よりは核爆発をやって山全体をゆるませて岩石を採り、東京湾の埋立のところまで持って行き、水中に放り込むこともできる」
提言の9カ月ほど前の58年10月に発表した私案の中で加納はすでにこう主張した。提言本文にはこうした記載はないが、付属資料として、アメリカの科学雑誌「サイエンティフィック・アメリカン」掲載という論文の翻訳が添えられた。核爆発の平和利用についてまとめた論文で、港湾土木工事への核爆発の利用可能性についても言及。コストが10分の1以下になるという趣旨の記述もある。

加納は土木工事でダイナマイトを使うより核爆弾の方が経済的と考えていたようだが、アメリカの水爆実験に巻き込まれた第五福竜丸の船員が、太平洋のビキニ環礁で「死の灰」を浴び被ばくしたのは提言の5年前。横浜正金銀行(旧東京銀行の前身)幹部として、長く海外の事物に触れ、合理主義者とされた加納に、核の危険性についての認識はなかったのか。当時の時代背景を探った。(敬称略)=つづく

8月15日朝刊

コメント
コメントする








   

categories

archives

recent comment

  • 夏休みを利用して、鹿児島に帰省しています。
    古垣
  • 夏休みを利用して、鹿児島に帰省しています。
  • 開業後、3か月目に入りました!
    古垣
  • 開業後、3か月目に入りました!
    下村徳雄
  • 6月4日に開業します!
    相京邦彦
  • 6月4日に開業します!
    相京邦彦
  • 6月4日に開業します!
    古垣
  • 6月4日に開業します!
    相京邦彦
  • 6月4日に開業します!
    古垣
  • 6月4日に開業します!
    onoda

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM