低炭水化物ダイエットご用心…発症リスク高まる

炭水化物を制限する食事を長期間続けると、心筋梗塞や脳卒中になる危険性が高まるとの研究を、ハーバード大などのグループが英医学誌「ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル」に発表した。


炭水化物を減らすダイエットが日本でも広まっているが、慎重に取り組む必要がありそうだ。

同研究グループは1991〜92年、スウェーデンの30〜49歳の女性4万3396人の食生活を調査し、その後平均約16年間、心筋梗塞や脳卒中などの発症を追跡調査した。

1270例の発症例を、炭水化物とたんぱく質の摂取量によって10段階に分けて分析。炭水化物の摂取量が1段階減り、たんぱく質の摂取量が1段階増えるごとに、それぞれ発症の危険が4%ずつ増えた。

一般的に炭水化物を制限する食事では高たんぱく質になる傾向がある。低炭水化物・高たんぱく質のグループでは、そうでないグループに比べて危険性が最大1・6倍高まった。

(2012年7月8日09時52分 読売新聞)

コメント
コメントする








   

categories

archives

recent comment

  • 夏休みを利用して、鹿児島に帰省しています。
    古垣
  • 夏休みを利用して、鹿児島に帰省しています。
  • 開業後、3か月目に入りました!
    古垣
  • 開業後、3か月目に入りました!
    下村徳雄
  • 6月4日に開業します!
    相京邦彦
  • 6月4日に開業します!
    相京邦彦
  • 6月4日に開業します!
    古垣
  • 6月4日に開業します!
    相京邦彦
  • 6月4日に開業します!
    古垣
  • 6月4日に開業します!
    onoda

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM