競泳=ダーレオーエンの死因、遺伝性の心疾患と判明

[フェニックス 12日 ロイター] 競泳の男子100メートル平泳ぎの世界王者だったアレクサンドル・ダーレオーエン(ノルウェー)が4月に急死した原因は、遺伝性の心疾患にあったことが判明した。米アリゾナ州の監察医が12日に明らかにした。

ダーレオーエンは4月30日、米アリゾナ州北部にあるフラッグスタッフで合宿中に26歳で亡くなった。

5月上旬に行われた検視では死因が判明せず、2回目の解剖でアテローム性動脈硬化症による動脈閉塞(へいそく)があったことが分かった。監察医の報告書によると、ダーレオーエンの祖父は42歳のときに心臓病で急死していたという。

ダーレオーエン選手は心臓まひ=解剖で死因判明―競泳〔五輪・競泳〕
時事通信 6月13日(水)11時1分配信

【オスロAFP=時事】4月に米国でのトレーニング中に26歳で急死した競泳男子のアレクサンデル・ダーレオーエン選手の解剖結果が12日、ノルウェー五輪委のトップ選手養成機関から公表され、死因は心臓冠動脈の凝血による心臓まひだったと、同国の地元紙(電子版)が報じた。

米国内で行われた解剖結果によると、ダーレオーエン選手は重い動脈硬化により冠動脈に病気を抱え、急死する1、2カ月前にも軽い心臓発作があったという。

コメント
コメントする








   

categories

archives

recent comment

  • 夏休みを利用して、鹿児島に帰省しています。
    古垣
  • 夏休みを利用して、鹿児島に帰省しています。
  • 開業後、3か月目に入りました!
    古垣
  • 開業後、3か月目に入りました!
    下村徳雄
  • 6月4日に開業します!
    相京邦彦
  • 6月4日に開業します!
    相京邦彦
  • 6月4日に開業します!
    古垣
  • 6月4日に開業します!
    相京邦彦
  • 6月4日に開業します!
    古垣
  • 6月4日に開業します!
    onoda

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM