ソウル大教授、幹細胞研究の論文捏造か…悪夢再来?

ソウル大教授、幹細胞研究の論文捏造か…悪夢再来?
2012.6.3 17:23 [韓国]

 韓国のソウル大教授が学術誌に投稿した幹細胞研究の論文14本に捏造(ねつぞう)の疑いが浮上し波紋を呼んでいる。教授は「単純ミス」と釈明しているが、事態を重く見た同大は5月30日に調査委員会を設置、真相の究明に乗り出した。

 韓国では2005年、ノーベル賞も期待されていた別のソウル大教授が発表した胚性幹細胞(ES細胞)関連論文で捏造が発覚、社会に衝撃を与えた。同じ大学で同分野の論文が問題となっていることから、韓国メディアは「悪夢の再来か」などと報じている。

 論文の著者は獣医学部の姜秀庚教授(46)。疑惑のきっかけは、5月8日、姜教授の論文を掲載した10の学術誌に一斉に送られた匿名情報。06年から今年にかけて発表された14本の論文で、同じ写真を画像データの明るさを変えたり左右を逆にしたりして、不正に流用しているなどと指摘した。
(共同)

 

コメント
コメントする








   

categories

archives

recent comment

  • 夏休みを利用して、鹿児島に帰省しています。
    古垣
  • 夏休みを利用して、鹿児島に帰省しています。
  • 開業後、3か月目に入りました!
    古垣
  • 開業後、3か月目に入りました!
    下村徳雄
  • 6月4日に開業します!
    相京邦彦
  • 6月4日に開業します!
    相京邦彦
  • 6月4日に開業します!
    古垣
  • 6月4日に開業します!
    相京邦彦
  • 6月4日に開業します!
    古垣
  • 6月4日に開業します!
    onoda

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM