弟達のお祝いで、鹿児島に帰省しました!

鹿児島に帰省しました!

今回は2つも目的がありました。わたしの2人の弟のお祝いです。

ー児島市内でイタリアンレストラン「コムギコ」を経営する弟が9月に
第2号店を鹿児島中央駅前に出店しました。視察と飲食をかねて、新しい
お店に行きました。なかなかの盛況ぶりでした。

△△醗貎佑猟錣麓児島県鹿屋市で陶芸家として窯を開いています。
このたび、鹿児島市内のマルヤガーデンで、初の個展を開きました。
そのお祝いに駆けつけました。

2人の弟も頑張っていますので、兄貴としても力をもらいました^^
 

この週末に鹿児島に帰省します^^

この週末に鹿児島に帰省します^^

久しぶりに鹿児島に帰省します。

大卒者の23% 安定した仕事に就けず

<学校基本調査>大卒者の23% 安定した仕事に就けず
毎日新聞 8月27日(月)23時45分配信

今春の大学卒業者約56万人のうち、ほぼ4人に1人にあたる12万8000人余り(約23%)が安定した仕事に就いていないことが、文部科学省が27日公表した学校基本調査で分かった。

正社員など安定した職を得たのは60%で、同省は「リーマン・ショックで落ちこんだ就職率は回復傾向にあるが、本人が望まぬ雇用形態で就職せざるをえない状況は課題」としている。また、東京電力福島第1原発事故の影響を受ける福島県で、小学生が大幅に減少したことも分かった。

【被災地の18歳は】求人減り「県外」へ

調査は5月1日現在の幼稚園から大学院までの全校を対象に実施した。全国の大学を今春卒業したのは55万9030人。文科省は、契約社員などになる大学生の数を把握するため、今年初めて、雇用期間に1年以上の定めのある「非正規雇用」の項目を追加して調査したところ、2万1990人が該当。

これに▽アルバイトなどの「一時的な仕事」に就いた1万9596人▽「進学も就職もしていない」8万6638人を加えた12万8224人(22.9%)が安定した仕事に就いていないことが分かった。

正社員など雇用期間に定めのない「正規雇用」に就いたのは60%にあたる33万5295人(男子17万6025人、女子15万9270人)。このほか、大学院などへの進学13.8%(7万6884人)▽不詳・死亡1.8%(9811人)などとなっている。

同省は昨年まで、「非正規」と「正規」を合わせた雇用を「就職率」として公表しており、同じ区分で見ると、今年の就職率は63.9%で、昨年より2.3ポイント改善した。

例年5月に同省などが公表している「大学卒業生の就職率」は、就職を希望した学生を調査対象とした推計の上、「正規」「非正規」を区別しておらず今回とは違う。

小学校の児童数は、福島県が昨年から5104人(4.7%)減の10万3324人で、震災後の2年間で1万4344人減。同県教委は「少子化などで毎年2000人前後が減っていたが、それを上回っている。子供の心のケアや学習支援が必要」と話している。宮城県は昨年から1663人(1.3%)減の12万3975人、岩手県は同2049人(2.9%)減の6万8006人。【石丸整】

幻のネオ・トウキョウ: “夢の港湾都市” /千葉

幻のネオ・トウキョウ:発掘、核利用の工事計画/1 “夢の港湾都市” /千葉

毎日新聞 8月15日(水)10時53分配信

◇鋸山崩し埋め立てに 高度成長期迎え経済性優先
戦争による荒廃から立ち直り、高度成長が始まった1950年代後半、東京湾の3分の2を埋め立てて新たな大都市「ネオ・トウキョウ」を作る計画が浮上していた。

計画は政財学界の有力者からなる民間シンクタンクによる政府への提言に結び付き、戦後の千葉県の経済成長を支えた湾岸開発の青写真のひとつとなったが、国際的な元銀行マンで、住宅公団総裁を経て、62年に県知事になる加納久朗(ひさあきら)(1886〜1963年)はこの提言を取りまとめる際、提言本文とは別に、驚くべき提案をしていた。

「核爆発で鋸山(のこぎりやま)(鋸南町・富津市境)を崩し、その土砂で埋め立てる」。社会が原子力とどのように向き合うべきか、さまざまな議論が続くこの夏。現在では信じがたい「幻の東京湾開発」の背景を訪ね歩いた。

■ □ □

1959年7月29日、電力事業家の松永安左エ門(やすざえもん)(1875〜1971年)が主宰した民間シンクタンク「産業計画会議」は7番目の政策提言として「東京湾2億坪埋立についての勧告」を発表した。
松永は東邦電力(中部電力などの前身)社長などを歴任し、東京電力を含む9電力体制の基礎を築くなど、物おじしない生き方で「電力の鬼」と呼ばれた。

56年に各界の有力者を集めた産業計画会議を設立。5年前に創設した電力中央研究所に事務局を置き、国土開発やエネルギー、運輸政策など16の提言を行った。メンバーは、提言の翌60年に首相となる池田勇人、後に新日鉄会長となる永野重雄、吉田茂側近の白洲次郎、東大学長の茅誠司などそうそうたる顔ぶれだ。

「日本の工業の支柱となる東京の工業敷地問題も、拡大する住宅問題も交通問題も、東京湾の大規模な埋立によって解決し得る」
付属資料を含め94ページの提言は、埋め立てが産業や人口の一極集中が進む首都圏の需要に応える意義を強調する。

55年の東京湾周辺の人口は約870万人で現在の1都2県(千葉、東京、神奈川)の3分の1程度。大都市への人口集中の加速は止まらず、工場用地や住宅の不足についての危機感が強かった。少子高齢化で、埋め立て地の未利用地が問題になっている50年後の現在とは全く逆の発想が求められていたのだ。

■ ■ □

「ネオ・トウキョウ」の完成予想図がある。主な埋め立て対象は、東京湾アクアラインを思わせる千葉と神奈川を結ぶ横断道路の千葉側ほぼ全域計約6億平方メートルで、湾全体の約3分の2。水深が比較的浅い約4億平方メートルを15〜20年程度かけて、先行埋め立てする計画だった。

横浜、東京のほか、巨大な水路を確保した千葉の各港は国際貿易港となり、湾中央部には巨大空港を建設。動物園、ゴルフ場などのレクリエーション施設や広大な緑地帯の設置も検討。政府と民間が共同出資する特殊会社が主体となり、事業推進のため、新法の法制化も求めていた。

提言は「決して『夢物語』ではない。平和国家『日本』の発展のために必要であり、実行できること」と訴えるが、総事業費は約3兆8000億円。消費者物価指数に基づき現代に換算すると、約20兆円にもなる。「もはや戦後ではない」という言葉が流行語になってからまだ3年程度。節約が必然だった時代に、埋め立てに使う土砂の採取方法について、同会議の一部メンバーがあるアイデアを検討していた。

■ ■ ■

「鋸山の場合には、従来の爆破方法よりは核爆発をやって山全体をゆるませて岩石を採り、東京湾の埋立のところまで持って行き、水中に放り込むこともできる」
提言の9カ月ほど前の58年10月に発表した私案の中で加納はすでにこう主張した。提言本文にはこうした記載はないが、付属資料として、アメリカの科学雑誌「サイエンティフィック・アメリカン」掲載という論文の翻訳が添えられた。核爆発の平和利用についてまとめた論文で、港湾土木工事への核爆発の利用可能性についても言及。コストが10分の1以下になるという趣旨の記述もある。

加納は土木工事でダイナマイトを使うより核爆弾の方が経済的と考えていたようだが、アメリカの水爆実験に巻き込まれた第五福竜丸の船員が、太平洋のビキニ環礁で「死の灰」を浴び被ばくしたのは提言の5年前。横浜正金銀行(旧東京銀行の前身)幹部として、長く海外の事物に触れ、合理主義者とされた加納に、核の危険性についての認識はなかったのか。当時の時代背景を探った。(敬称略)=つづく

8月15日朝刊

競泳=ダーレオーエンの死因、遺伝性の心疾患と判明

[フェニックス 12日 ロイター] 競泳の男子100メートル平泳ぎの世界王者だったアレクサンドル・ダーレオーエン(ノルウェー)が4月に急死した原因は、遺伝性の心疾患にあったことが判明した。米アリゾナ州の監察医が12日に明らかにした。

ダーレオーエンは4月30日、米アリゾナ州北部にあるフラッグスタッフで合宿中に26歳で亡くなった。

5月上旬に行われた検視では死因が判明せず、2回目の解剖でアテローム性動脈硬化症による動脈閉塞(へいそく)があったことが分かった。監察医の報告書によると、ダーレオーエンの祖父は42歳のときに心臓病で急死していたという。

ダーレオーエン選手は心臓まひ=解剖で死因判明―競泳〔五輪・競泳〕
時事通信 6月13日(水)11時1分配信

【オスロAFP=時事】4月に米国でのトレーニング中に26歳で急死した競泳男子のアレクサンデル・ダーレオーエン選手の解剖結果が12日、ノルウェー五輪委のトップ選手養成機関から公表され、死因は心臓冠動脈の凝血による心臓まひだったと、同国の地元紙(電子版)が報じた。

米国内で行われた解剖結果によると、ダーレオーエン選手は重い動脈硬化により冠動脈に病気を抱え、急死する1、2カ月前にも軽い心臓発作があったという。

項羽が兵馬俑に放火か=発掘調査で多数の痕跡―中国

項羽が兵馬俑に放火か=発掘調査で多数の痕跡―中国
時事通信 6月9日(土)20時13分配信
【北京時事】

紀元前221年に中国を初めて統一した秦の始皇帝の陵墓(陝西省)周辺から発見された「兵馬俑坑」で大規模発掘調査を実施した結果、放火によって焼き払われるなどした多数の痕跡があることが分かった。

専門家は、紀元前206年に秦を滅ぼした武将・項羽(紀元前232〜同202年)が兵馬俑を破壊した可能性が高いと指摘した。新華社電(電子版)など中国メディアが9日伝えた。

中国の考古学専門家は9日、陝西省西安市郊外にある兵馬俑坑の1号坑で2009年から進めてきた発掘調査で、兵馬俑が放火で焼かれたとみられる痕跡が大量に見つかったことを明らかにした。

中国メディアが伝えた。発掘隊関係者は紀元前206年に秦朝を滅ぼした項羽(紀元前232〜同202年)が破壊した兵馬俑ではないかと推測している。

兵馬俑は中国を初めて統一した秦の始皇帝の「守護軍団」ともいわれ、中国の歴史書には項羽が破壊したとの記述があるという。同関係者は、焼き払われた規模が大きいことから「人為的な放火」と分析。

項羽による破壊が「最も疑われる」として、さらに調査を進め年代を特定する方針。(共同)

<バチカン>カネと権力めぐるスキャンダルで激震

<バチカン>カネと権力めぐるスキャンダルで激震
毎日新聞 6月3日(日)11時42分配信

 【ジュネーブ伊藤智永】ローマ法王庁(バチカン)がカネと権力を巡るスキャンダルで激震している。5月24日、法王庁の財産管理組織「宗教事業協会」(バチカン銀行)のゴティテデスキ総裁が「不適切な業務の遂行」を理由に突然解任された。

翌25日には法王ベネディクト16世の執事の一人が、法王宛ての私信や大量の機密文書を、バチカン内の自宅宿舎に隠し持っていた容疑で逮捕された。イタリアのメディアは「バチリークス」(バチカン機密漏えい)事件と呼んで大騒ぎだ。

 発端は1月。法王庁のナンバー2だったカルロ・マリア・ビガーノ氏(現駐米大使)が法王宛ての私信でマネーロンダリング(資金洗浄)があった可能性を示唆していたと、バチカン通のジャーナリスト、ジアンルイジ・ヌッツィ氏がテレビで暴露。以来、さまざまな疑惑が報じられるようになった。

 ヌッツィ氏は先月、他の汚職や腐敗、陰謀も明かす同様の私信や文書を基に暴露本を出版。激怒した法王庁は出版後の先月19日から本格的に捜査を開始した。

 今のところ当局は、総裁解任と資金洗浄疑惑との関連性、執事の文書隠匿事件との関係を否定している。執事は拘束され、容疑の認否や動機などのコメントは明らかでない。それでもメディアは、法王庁がわずか1週間で予想外に大胆な「内部処分」を断行したと受け止め、他の疑惑への関心を強めている。

暴露された文書の中には、有力枢機卿が中国を訪れた際、複数の密談相手に年内に法王が暗殺される可能性を伝えたり、85歳と高齢の法王はミラノ大司教への禅譲をもくろんでいるといった際どい権力闘争の内部事情が記されているからだ。

 解任されたゴティテデスキ氏は、09年と10年の2度、マネーロンダリング疑惑でイタリア司法当局に捜査され、2300万ユーロ(約22億3000万円)の資産を押収された。地元メディアによると、「法王を困惑させたくないので、何も話さない。法王は私自身の身の潔白より大事だ」とだけ語ったという。

 バチカン銀行は1978年から82年にかけて、マフィア絡みの不正や汚職が噴出。改革に乗り出したヨハネ・パウロ1世が在位33日で暗殺を疑われる急死を遂げ、資金洗浄先に使われて破綻した銀行の元頭取ら関係者が次々に暗殺されるなど世界的スキャンダルになったことがある。

 

千葉県 液状化しやすさマップ公表

千葉県 液状化しやすさマップ公表

東金は海沿いが厳しいですね。対策が必要です。


http://www.pref.chiba.lg.jp/bousaik/press/2012/201204ekijouka.html

房総沖に未知の2活断層 M8〜9、沿岸に津波も

房総沖に未知の2活断層 長さ160〜300キロ M8〜9、沿岸に津波も
2012.3.26 11:19 [自然災害]産経新聞

房総半島南端から南東に百数十キロ以上離れた太平洋の海底に、これまで存在が知られていなかった長大な2つの活断層が存在するとの調査結果を、広島大や名古屋大、海洋研究開発機構などの研究グループが25日までにまとめた。

長さは160キロと300キロ以上で、一度にそれぞれの断層全体が動けば、いずれもマグニチュード(M)8〜9の地震を起こす可能性があるという。

グループの渡辺満久・東洋大教授(変動地形学)は「ノーマークで未調査の活断層。強い揺れや津波が関東南部や東海地方に及ぶ可能性があり、早急に詳しく調査するべきだ」としている。

断層の北側には、1677年の延宝房総沖地震(推定M8・0)や1953年の房総沖地震(M7・4)の震源域があるが、これらは別の活断層が動いたとみられ、2つの活断層の歴史的な活動は分かっていない。
 

22222回の閲覧数のお礼

22222回の閲覧数のお礼

約3年前にこのHPとブログを開設しました。皆様のおかげで閲覧数も2万回をこえることができました。

今後も粘り強く、長きにわたり、地域医療の現場から、現場の声を届けようと思います。

今後ともよろしくお願いします。


categories

archives

recent comment

  • 夏休みを利用して、鹿児島に帰省しています。
    古垣
  • 夏休みを利用して、鹿児島に帰省しています。
  • 開業後、3か月目に入りました!
    古垣
  • 開業後、3か月目に入りました!
    下村徳雄
  • 6月4日に開業します!
    相京邦彦
  • 6月4日に開業します!
    相京邦彦
  • 6月4日に開業します!
    古垣
  • 6月4日に開業します!
    相京邦彦
  • 6月4日に開業します!
    古垣
  • 6月4日に開業します!
    onoda

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM